質屋に並ぶ品々の売価は、何を基準に決める?

ハッピー質屋ブログin池袋

簡単に売価などと言いますが、質屋の商品はブランド品でも所詮は中古。どのような基準で売値が決まっているのでしょう。「自称:池袋の主」に聞いてみました。

新着おすすめ記事

質屋に並ぶ品々の売価は、何を基準に決める?

質屋で売られている一流ブランド品やアクセサリー、カードケース、ウォレットなどの小物類は、いったいどうやって売価が決められているのだろうと考えたことがあります。

定価と呼ばれるものは、もともとメーカーが定めるものなのでまったく別物ですが、質屋の商品は、言ってしまえば中古です。

リサイクルである以上、ブランドショップといえども値付けにはそれなりの基準があるはずです。

また世界的に納得感のあるブランド品ではなく、デザインジュエリーなどの希少性の高い商品は、定価などあってないようなものです。

市場合意価格=相場といったものが存在しません。

もっと突っ込んだ言い方をすれば、ジュエリーショップや宝石店と呼ばれるお店には、外注以外のデザイナーとして、自社のお抱えデザイナーがいます。

そのクリエーターたちにオリジナルブランドをつくらせています。

そのような宝石やリングには、市場での価格形成はできていませんから、質屋の販売店における売価設定も微妙です。

池袋の質屋にはブランドショップと何でもありのショップが乱立していて、何でもありの店舗には、このようなオリジナル製品の質流れ品が売られています。

もちろんこうした傾向は池袋の質屋だけではなく、渋谷・新宿などの質店でも同じです。

池袋の主(ぬし)を自称する業界通によると、売価の決定は、究極のところ目利き力に負うところが大きいといいます。

それと素材・品質、市場性、希少性の4つの要素で判断するといいます。

ただしディスカウントショップ型の質屋は少し違って、むしろノンブランドや傷物と呼ばれる商品でも積極的に買取を行って、ディスカウントしながら利幅を出すという戦略の店が多いのだそうです。